申告書提出の期限と相続税について

申告書を提出する期限と相続税について


相続税とは人が亡くなり相続の対象者に相続される時に課税される税金の事を言います。
相続税がかかる人は相続時に日本に住所がある人で、相続により財産を取得した場合の人や、日本に住んでいなくても日本にある財産を相続した人や、財産を相続した時に日本国籍がある場合も相続税がかかります。

相続した時に税がかかる物は、生命保険を契約し亡くなった時に支払われる死亡保険金なども一定の金額以上はかかり、生きている時に贈与を受けたものや、非上場会社の株式や相続財産法人からもらった財産でも課税されます。
相続税がかからないものはお墓や仏壇などにはかからず、宗教や学術などの公益になるような事業を行っている個人や相続する財産を、公益になるような事業に使用される場合もかかりません。

さらに、個人で経営をしている幼稚園などの事業に使われており、相続する人物が経営を続ける場合あもかかりません。
相続税の申告については、申告書は明らかに相続する時に税がかる場合は、申告の期限の1か月ほど前に申告書が税務署から送られてくるのですが、申告書が送られてこない場合でも相続する時に課税される税がかかる場合もあるので気をつけなければなりません。
相続税がかかる場合は相続する人が判断しなければならず、相続する人が税務署に提出する申告書を作成する事になっているので、相続する人が判断しなければならないので注意が必要です。
申告しないといけない期限は亡くなった次の日から10か月以内になっており、祝日がその日にあたる場合は、翌日になりますが、申告を行わなかった場合は加算税というものが、かかり申告した場合よりも払う金額が増えてしまいます。

過少申告の場合にも加算税がかかります。
納税の期限も亡くなった次の日から10か月が期限になっており、納税は郵便局や銀行などでも支払う事ができ、期限を超え遅れてしまった場合は延滞税がかかってしまい、間に合わない場合は延納という方法もあり、現金で支払われない場合は物納という納めかたもあります。
相続税には優遇される制度もあり、小さな規模の宅地の評価を減らしたり、配偶者の税金を減らす事もでき、申告する事により贈与する税金が軽減される場合があるので覚えておくと、いざという時に役立ちます。
上記に記したように相続した時にかかる税金がかかる物や、かからない場合のものなど様々あり複雑になっていますので、わからない場合は税理士に相談するのが得策です。