税理士試験、相続税法の難易度

税理士試験での相続税法の難易度


税理士は今でも人気職種の一つとなっており、多くの学生がこの職につくために多くの学生が勉学に励んでいます。また、一部の商業高校の学生は、在学中に税理士試験で出題される簿記の勉強を始め、その後の税理士試験に備えていると言われています。税理士は、企業に代わり確定申告や青色申告の承認申請などの税務代理や確定申告書や相続税申告書などの税務書類の作成、税務相談などの業務を行う職業で、税理士法で定められた国家資格です。現在のところ、税理士登録者は全国で74,501人おり、他の士業である弁護士や司法書士、社会保険労務士などと比較してもその総数は多いものとなっています。税理士になるには非常に難しく、その試験の難易度も非常に高いものになっています。税理士試験は、他の高難易度試験である弁護士試験や公認会計士試験と並ぶほどの難しさとなっています。税理士試験に合格するには、いくつかの税法に関する試験をクリアしなければなりません。具体的には、1つ目は必須科目である簿記論や財務諸表論があります。2つ目は選択必須科目として、法人税法や所得税法があります。このうち、最低1科目以上を選択しなければなりません。2科目選択も可能となっています。3つ目は選択科目として相続税法、固定資産税、酒税法または消費税法、事業税または住民税、国税徴収法があります。これら全部で11ある税法のうち、選択科目と必須科目を合わせて5科目合格しなければなりません。この中に、選択科目として相続税法は難易度が高いものと受験生の間で言われています。

相続税法の条文の言い回しがとても古いため、受験生にとってその内容が分かりづらく理解に多くの時間がかかるためです。また、相続税法の中身のボリュームも多い上に民法や贈与税など関連法令への理解も必要になることからそうしたことも受験生がこの税法に難しさを感じる要因となっています。この税法は、法律の内容をただ暗記すればよいだけではなく、評価に関する公式を一通り覚え、財産評価など税額に関しての計算を行わなければならないため、より一層難しさを感じさせるものになっています。税理士試験の中で相続税法は、試験の中での最終科目として選択する受験生が多いことから、母集団のレベルが他の税法と比較して高いといわれています。そのため、試験の合格率として、平成25年度の試験では11.7%となっており、約9人に1人しか合格できない科目となっています。”